ラブカ

普段想像するサメとはかなり姿が違いますが
歯を見ると・・・やっぱりサメだな、という感じのラブカ。
太平洋、大西洋と広い範囲に生息していますが、
深海のサメで「生きる化石」と呼ばれています。
食用として捕られることもなく、人目に触れることも少なく、
なかなかその生態を調べる機会も少ないようです。
口もめちゃくちゃ大きく開き、狂暴そうなウナギ?という見た目ですね。

卵胎生といって、おなかの中で卵を孵化させて、産むときはサメの赤ちゃんを産みます。

サメ、奥深い・・・。