タコノマクラ

なんとも風流というか変わった名前のこの生き物。
タコノマクラはウニの仲間です。
棘が短くなってちょっと平たくなった、というかんじです。
花柄がなんともキュートですよね。
房総半島以南の15mから30mの岩礁付近の砂底に住み、
砂の中の有機物を食べて生きています。
吸盤機能付きの足を裏側に持っていて、ウニと同じように移動します。
棘が短い理由は、敵から身を守るために砂に潜るためとのこと。
同じ身を守るために、棘を伸ばす、棘を短くする・・・
まったく逆の進化をするなんて、なんだかすごいですよね。